Facebookもチェックしてね

体験談

長女2歳のお母様より

ご住所
大阪府
年齢
お母様32歳、長女2歳
アレルゲン成分
卵、乳製品、小麦、米、ごま、鶏肉、豚肉、牛肉、タラ、イワシ、 カレイ、マグロ(その他いろいろ)
おかかりつけの病院
阪南医療生協診療所

平成22年度にいただいたお便りからご紹介します。

食物アレルギーと診断をされた時の心境

私も主人もアレルギー体質(湿疹、花粉症など)だったので、子どもが産まれたと時、少しかさついていたので気にはなっていました。その時はアトピー性皮膚炎であっても食物アレルギーがあるとは思っていませんでした。

生後2ヶ月頃から耳切れや肌の乾燥が悪化。保湿に使ったベビーローションがきっかけで全身真っ赤になり、その時初めて小児皮膚科へ行きました。
たぶんアトピーだろうと飲み薬とステロイドを処方。ステロイドで最初はきれいになっていたのですが、徐々に効かなくなり、生後4ヶ月で病院を変えることにしました。
次の病院でパッチデストと血液検査を行い、小麦・米・卵白に食物アレルギーがあることを知りました。「ある程度除去をすれば、成長とともに改善されていくので大丈夫です。」医師から言われたので「まあ、治るだろう。」と軽く考えていました。
除去をすると最初は良くなっていたのが次第に悪化。1年程通ったのですが悪くなる一方で、2度目の検査であらゆる食物からアレルギー反応がでました。医師の除去の指導もあやふやになってどうしていいかわからない状態になりました。
そんな時、辻安全食品の存在を知り、商品購入時に食物アレルギーについての書籍を紹介する広告が入っていて、すぐに購入。著者がアレルギーの先生で、この先生なら食物アレルギーについてきちんと指導をしてくれるかもしれないと思い、自宅から近くだったこともあり病院を変更。同じ食物アレルギーでも医師によって指導の仕方がここまで違うのか、と驚きました。

辻安全食品を知ったきっかけ

米にアレルギーがあるので「Aカット米」を食べさせていましたが、値段も高かったので、他に低アレルギー米はないかとネットで調べていたところ、「ゆきひかり」と「ササニシキ」があることを知り、取扱がありそうなお米屋を調べて行きました。結局、どちらのお米も取り扱っていなかったのですが、そこのお米屋さんに辻安全食品の商品がおいてありました。昔、お米屋さんの子どもがアレルギーで困っていたので、他に困った人のためにと商品を取り扱ったそうです。「こんな商品があるんだ」と、とにかく嬉しかったのを覚えています。

心理的な抵抗について(除去食、高額な除去食品の購入、辻安全食品の利用など)

まともに日常生活が送れないほど掻きむしっていたので、とにかく良くなって欲しい一心でした。
「母乳からはわずかしかアレルギー成分が出ないので母親の除去など無駄だ」と医師に言われたこともありましたが、除去すると明らかに子どもの症状に変化があることを実感していたので、その医師の方に抵抗を感じました。きちんと指導してもらえば、今は除去が必要だと思えるので抵抗はないです。

市販の食物はほとんど除去しなければいけないものが含まれているので、とにかく食べられるものがない。普段の食事は手作りをしていたつもりが、実際は何が材料に使われているかもわかっていなかったんだと思い知らされました(調味料など特に…)。
自分で作ると味にも限界があり、いつも同じような食事ばかり。これでいいのかと不安になりました。以前は安い食材を買おうとばかりしていた私にとって、辻安全食品はかなり高額でした。ただ、アレルギーのことを本当にわかって商品を作ってくれているのだ、という安心感と、アレルギーになる物質や栄養素などのコメント、レシピなど何も知らない私にはとても助かります。治ってきたら徐々に普通のものに変えればいい。
とにかく入り色試そうと思いました。

除去食の実施やライフスタイルの変化で良くなったこと

毎日の掻きむしり。特に夜はひどく掻いて泣いて寝てくれないので、生活リズムもめちゃくちゃでした。
徹底的な除去(肉や魚類も)を始めてから肌が明らかにきれいになっていきました。
掻きむしりが少なくなると夜の寝つきも良くなり、自然と朝も起きだすようになりました。
生活のリズムが整いだすと、だいぶ負担が楽になりました。
母乳だけでここまで変わるのかと本当に驚くばかりです。
今でも食物や、ストレスがかかると掻いたり赤くなったりはありますが、以前のことを思えば安定してきました。
負荷テストで食べられるようになったもの、まだ克服できないものもありますが、少しずつ前進しているように思います。

どのようにして厳しい除去食を乗り越えたか

2歳近くまで卒乳できなかったので、とにかく辛かったです。
ただでさえ育児と睡眠不足でストレスがかかるのに、甘い物も食べられないなんて…
食べたことによって泣いて掻きむしること、赤い顔を見て公開することを思えば我慢するしかなかったです。
辻安全食品のお菓子に何度か助けられました。

ご家族、ご友人との関係

「食べて慣れさせたら…」「栄養は大丈夫なのか…」と除去に対してあまりいい印象ではない意見も受けました。親も説明をしても最初は理解してもらえませんでした。
ただ、症状が改善されていくにつれて、少しずつ協力してくれるようになりました。主人は夜の大変さを見てくれていたので、精神的に1番支えてもらったように思います。
病院でお友達になった方もいます。アレルギーっ子を実際に育てているお母さんとお話をすることが1番、気持ちが楽になりました。本には載っていないような実際の声ほど頼りになるものはないです。

辻安全食品の品物でお気に入りのもの、または利用をして良かったところ

大人と子供の食事を別に作らなくてはいけないので、とにかく簡単においしく作れるものが本当に助かります。
「スープの素しお」は、とにかく欠かせません。中濃ソース、ケチャップ、サクサクカレー、サクサクホワイトシチューなど、子供が好きな定番メニューが作れるので、調味料類がとにかく役に立ちます。
利用するようになって、食事を作るストレスも少し軽減されました。

その他

皮膚の見た目ではなく、食物アレルギーのもっと本質的な部分が実際にはまだまだ理解されていないように思います。
私もえらそうなことは言えませんが、特に食を扱う人、学校の先生など、少しでも多くの方にこの現状を知ってもらえればと思います。
アレルギーだから仕方ない、我慢するしかない、と子供が思わないように育てていければいいと願ってやみません。

辻安全食品オンラインショップ

りすさん食堂

販売代理店様募集

ホテル・旅館業の方へ

オリジナルチョコレートPB.OEM承ります

ユーザーボイス

一覧を見る

つじ安全3分クッキング

つじあんぜん食品の通販カタログダウンロード

辻安全食品株式会社 旧ホームページ

facebook

Copyright © 辻安全食品株式会社 All Rights Reserved.