シックハウス

シック(病)なハウス(家)なわけですが、一般的に、そこで暮らす人に与える健康障害を指して、シックハウス症候群と言われています。

化学物質を含む接着剤や有機溶剤、防虫剤などをふんだんに使った家に暮らすことで発病します。
倦怠感・めまい・頭痛・湿疹・のどの痛み・呼吸器疾患などの症状が現れます。
近年の住宅の高機機密性との相乗効果で住環境の汚染は進展していきました。

厚生労働省は、シックハウスの原因となる以下の成分について、濃度指針(これくらいの濃度なら大丈夫と思われる量)を示しています。

厚生労働省による濃度指針値のある物質

  • ホルムアルデヒド
  • アセトアルデヒド
  • トルエン
  • キシレン
  • エチルベンゼン
  • スチレン
  • パラジクロロベンゼン
  • クロルピリホス
  • テトラデカン
  • フタル酸ジ-n-ブチル
  • フタル酸ジ-2-エチルヘキシル
  • ダイアジノン
  • フェノブカルブ

注意すべきは、上記の成分に限り規制をされているのであって、これら以外の成分で要因となりうる成分は規制をされておらず、際限なく使うことが出来ることです。